「松阪牛」名乗れず減収と市を提訴 定義厳格化で生産者

ここでは、「松阪牛」名乗れず減収と市を提訴 定義厳格化で生産者 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「松阪牛」名乗れず減収と市を提訴 定義厳格化で生産者
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070303-00000043-san-soci

品質を守る為には、しょうがないのだろうが・・

<引用:YAHOOニュース>
高級和牛ブランド「松阪牛」の定義が厳格になったため、松阪牛として出荷できなくなり収入が大幅に減ったとして、三重県大紀町の生産者の男性が、同県松阪市と松阪肉牛共進会などに対し、定義の取り消しと、減収分約926万円の損害賠償を求めた訴訟を津地裁に起こしたことが3日、分かった。

 訴状などによると、牛肉の産地偽装問題などが相次いだことを受け、松阪市などが平成14年9月、県中部の旧22市町村(現8市町と大紀町の一部)で飼育された牛を松阪牛とすると、定義を明確化していた。

 男性が飼育する地域はエリアから外れ、松阪牛として市場に出荷できなくなった。このため年収が14年度の約2220万円から15年度には約1290万円に減少したと主張している。

 下村猛松阪市長は「訴状については現在、協議中」とのコメントを出した。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。