APF通信に関する情報

ここでは、APF通信に関する情報 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつでも、どこでも、いつまでも「親は親」
一方、長井さんが契約していたAPF通信社(東京都港区)の山路徹社長は28日、空路、松山空港(松山市)に到着。午前10時過ぎに実家を訪れ、玄関先で「ごめん下さい」と声を掛けて頭を下げ、家の中へ入っていった。 ...(続きを読む)


「怒り持って現場に入った」長井さん死亡に知人ら呆然
大規模な反政府デモが続き多数の死傷者が出ているミャンマーで、ニュースプロダクション「APF通信社」(東京都港区)と契約するカメラマン、長井健司さん(50)の死亡が27日深夜、確認された。長井さんは「戦場ジャーナリスト」として知られる存在 ...(続きを読む)


ミャンマー死亡は長井健司氏
【バンコク井田純】外務省は27日、ミャンマーのヤンゴン市内で独立系ニュースプロダクション「APF通信社」(東京都港区)の映像ジャーナリスト.. 全文 毎日新聞 09月27日23時44分.(続きを読む)


APF通信社
今日のAPF通信社の関連語: 長井さん 死亡 反政府デモ 長井健司さん ミャンマー.(続きを読む)


ミャンマーで日本人ジャーナリスト死亡 APF通信社社長、長井さんの実家 ...
ミャンマーで日本人ジャーナリスト死亡 APF通信社社長、長井さんの実家訪れ報告.(続きを読む)


APF通信社 長井健司さん撃たれる
反政府デモへの軍事政権による武力弾圧が続くミャンマーの旧首都ヤンゴンで、APF通信社 長井健司さんが撃たれる瞬間の衝撃映像が発表された。 「まだ比較的平穏ですよ」という最後の連絡の直後、デモの取材中に兵士より至近距離で銃撃され亡くなった。 ...(続きを読む)




涙ぐみ「残念です」 APF通信社長が会見
東京新聞
ミャンマーで、治安当局とデモ隊の衝突に巻き込まれて死亡したカメラマンは、日本のAPF通信社が契約する長井健司さん(50)だった。「大変残念です」。同通信の山路徹社長(46)は27日夜、東京・赤坂の事務所前で時折言葉を詰まらせ、涙ぐみながら報道陣の取材に ...(続きを読む)


APF通信社代表が会見
NHK
ミャンマーで死亡した長井健司さんが契約していたAPF通信社の山路徹代表は、27日夜遅く、報道陣の取材に応じました。この中で、山路代表は「午後11時すぎに外務省から、現地の病院で撮影された3枚の写真が送られてきて、長井さんと確認しました」と声を詰まらせ ...(続きを読む)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。