衛星故障で日本の安保に懸念

ここでは、衛星故障で日本の安保に懸念 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情報収集衛星1基故障 北の核監視に“死角” 安全保障に懸念浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000002-san-pol

微妙な時期ですからね・・心配にはなりますね・・

<引用:YAHOOニュース>
政府の情報収集衛星4基のうち「レーダー1号機」が耐用年数を前に故障した問題で、今後約4年間、北朝鮮の軍事基地など「地球上の任意の場所を1日1回以上観測する」構想が実現不可能となったことが1日、明らかになった。政府は解像度向上の技術開発を優先し、後継機打ち上げの前倒しに消極的だ。北朝鮮の核・ミサイル開発などを監視する「独自の目」に生じた“死角”は、日本の安全保障に重大な懸念を投げかけている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。