虐待に「48時間ルール」浸透

ここでは、虐待に「48時間ルール」浸透 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<児童虐待>安全確認の「48時間ルール」全国で浸透
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070402-00000004-mai-soci

長いか短いか・・微妙・・・

<引用:YAHOOニュース>
厚生労働省が児童相談所などが子供の虐待情報を受理してから安全確認するまでの時間の目安を「48時間以内」と定めた今年1月以降、同ルールを導入した自治体が4割以上増え、全体の約8割に達したことが毎日新聞の全国調査で分かった。児相を置く全国の64自治体(47都道府県・15政令市=3月末現在、2中核市)のうち、設定自治体は35から51(41道府県、9政令市、1中核市)に増えた。児童虐待は児相の出足の遅れが深刻な事態を招く事例が繰り返され、「早期確認」の態勢が全国に整ってきた。

 「48時間ルール」は99年に埼玉県が始めた。厚労省は児相職員の不足などを考慮し参考事例として紹介するにとどめていたが、今年1月23日「児童相談所運営指針」などを改正し標準化した。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。