九州や中国などで部分日食

ここでは、九州や中国などで部分日食 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州や中国などで部分日食=国内で2年5カ月ぶり
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070319-00000033-jij-soci

<引用:YAHOOニュース>
太陽が一部欠けて見える部分日食が19日起きた。日本では観測できる範囲が北西寄りに限られ、九州、中国、四国の大部分、東北の一部、北海道の大部分など。ピークは午前11時半ごろから正午ごろ。欠け方は少なく、晴天でも目立たない。

 部分日食は、太陽と地球の間に月が入り込み、太陽が部分的に隠される現象。

 国立天文台によると、日本で日食が起きるのは2004年10月14日以来、2年5カ月ぶり。来年8月1日には太陽が全部隠される皆既日食が起きるが、北海道の利尻島や礼文島、長崎県の対馬などで日没間際にやや欠けて見える程度という。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。