堀江被告側 判決に怒りあらわ

ここでは、堀江被告側 判決に怒りあらわ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外な判決、と怒りあらわに堀江被告弁護人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000005-yom-soci

そんなに意外な判決でしょうか・・?

<引用:YAHOOニュース>
16日、ライブドア事件の判決後、堀江被告の主任弁護人の高井康行弁護士が東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「あいまいな証拠を基に、非常に(根拠の)薄い事実を認定している。残念な判決だ」と、怒りをあらわにした。

 弁護側は、自社株売却益の一部を流用した宮内被告が検察のストーリーに沿った供述をしたと主張、判決も、この流用について「強く疑われる」と認定した。

 この点について、高井弁護士は「検察の捜査や起訴が厳正さや公正さを欠いていることを認めているのに、おかしい。実刑判決は常軌を逸している」とし、「堀江被告には事前に、『実刑は考えられない』と伝えてあった。私にとっても堀江被告本人にとっても意外な判決だ」と述べた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。