脇見運転 4園児死亡で懲役5年

ここでは、脇見運転 4園児死亡で懲役5年 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
園児4人死亡で懲役5年=「危険、無謀な運転性癖」-脇見運転事故・さいたま地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000043-jij-soci

ちょっとの不注意で大きな代償を払うことになりましたね・・

<引用:YAHOOニュース>
埼玉県川口市で昨年9月、脇見運転の車が保育園児の列に突っ込み4人が死亡した事故で、業務上過失致死傷罪に問われた運送業手伝い井沢英行被告(38)の判決公判が16日、さいたま地裁であり、中谷雄二郎裁判長は「危険性、悪質性が際立っており、現行法上可能な最高刑で臨むほかない」として、求刑通り懲役5年を言い渡した。

 中谷裁判長は「無謀で危険な運転性癖には根深いものがあり、事故は起こるべくして起こった」と指摘し、「自動車を走る凶器として暴走させた」と非難した。

 その上で、より刑の重い危険運転致死傷罪と比較しても実質的な危険性に違いはないと認定。「業務上過失致死傷罪の上限をもってしても、事故に対する社会的非難、被告の罪責を評価し切れない」と述べた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。