パトカー追跡巻き添え死亡の損賠訴訟、2審も遺族敗訴

ここでは、パトカー追跡巻き添え死亡の損賠訴訟、2審も遺族敗訴 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パトカー追跡巻き添え死亡の損賠訴訟、2審も遺族敗訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000407-yom-soci

ぶつけられたのは、不運としか・・
遺族の気持ちもわかるけど・・

<引用:YAHOOニュース>
岩手県警のパトカーに追跡されていた車に追突され、乗用車の男女が死亡した事故で、遺族3人が「警察官は無謀な追跡をしたうえ、救出を怠った」として県に慰謝料など約1億3400万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、仙台高裁であった。

 小野貞夫裁判長は「追跡方法に問題はない」として、請求を退けた1審・盛岡地裁判決を支持し、遺族側の控訴を棄却した。

 訴えなどによると、1994年3月、盛岡市の国道4号交差点で、信号待ちしていた会社員中津山康之さん(当時22歳)の乗用車に少年(同18歳)の車が追突。乗用車は炎上し、中津山さんと婚約者の会社員横田恵理香さん(同22歳)が焼死した。少年の車は前照灯が壊れていたため、盛岡西署のパトカーに追われており、少年は事故直後、警察官に取り押さえ・・→ニュースRankingへ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。