鹿児島県議選めぐる公選法違反事件、地検が控訴断念

ここでは、鹿児島県議選めぐる公選法違反事件、地検が控訴断念 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿児島県議選めぐる公選法違反事件、地検が控訴断念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070308-00000111-yom-soci

スッキリしませんね~

<引用:YAHOOニュース>
2003年4月の鹿児島県議選を巡る公選法違反事件で、12人の被告全員に無罪を言い渡した鹿児島地裁判決について、鹿児島地検は8日、控訴を断念することを正式に発表した。

 水沼祐治次席検事が記者会見した。

 控訴期限は9日で、12人の無罪は10日午前0時に確定する。

 事件は、県議選旧曽於郡区で初当選した中山信一被告(61)(03年7月辞職)らが03年2~3月、同県志布志市の住宅で4回にわたって会合を開き、住民11人を買収したとして、13人が起訴された。被告の1人は公判中に死亡した。

 2月23日の判決では、1回目と4回目の会合について中山被告のアリバイを認定。「買収会合は存在しなかったと言わざるを得ない」と断じた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。