地デジ移行でテレビ廃棄2600万台…業界団体が予測

ここでは、地デジ移行でテレビ廃棄2600万台…業界団体が予測 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地デジ移行でテレビ廃棄2600万台…業界団体が予測
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000017-yom-soci

<引用:YAHOOニュース>
2011年の地上デジタル放送(地デジ)移行により、最大で約2600万台のブラウン管テレビが廃棄される――。電子機器メーカーで作る業界団体「電子情報技術産業協会」が6日、そんな予測を明らかにした。

 同協会によると、現在の国内のブラウン管テレビは8580万台。アナログ放送が終了する11年段階で3543万台が残っているが、このうち1428万台は地デジ対応テレビへの買い替えにより廃棄される。これに通常の買い替え需要を合わせると、廃棄されるテレビは最大で2567万台にもなるという。ちなみに06年に廃棄されたのは900万台。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。