平成電電、投資家資料で黒字装う

ここでは、平成電電、投資家資料で黒字装う に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成電電、投資家資料で黒字装う…05年1月期
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000005-yom-soci

また、ですか・・次々出てきますね~

<引用:YAHOOニュース>
昨年6月に破産した「平成電電」を巡る巨額詐欺事件で、同社は、固定電話サービス「CHOKKA(チョッカ)」などの通信事業で赤字が続いていた事実を隠すため、所有する株式の含み益を計上するなどして、表面上、黒字のように装っていたことが警視庁捜査2課の調べでわかった。

 同社の決算を巡っては、監査法人が、適正かどうか判断しない「意見不表明」の見解を3年連続で出していたが、そうした情報も公表していなかった。捜査2課は、元社長の佐藤賢治容疑者(55)らが投資家を信用させるため、CHOKKAの業績が好調であるかのように装ったとみて追及している。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。